• Home
  • ニュース
  • エドモンド・ヨウ監督が伝えたかった、マレーシアの底辺にいる人…

ニュース

News
2017.11.12

エドモンド・ヨウ監督が伝えたかった、マレーシアの底辺にいる人々の声


映画.com

 [映画.com ニュース] 台湾留学のための資金を盗まれたフイリンは、稼げる仕事にありつこうとして、流入するロヒンギャ難民を人身売買する闇ビジネスに手を染めてしまう。簡単に海外暮らしを夢見るマレーシアの若者と、命からがら海上を逃げてくる難民たちを合わせ鏡にして、それぞれの行く末を暗示的に描いた作品。エドモンド・ヨウ監督は本作で第30回映画祭最優秀監督賞を受賞したが、これは受賞発表の前夜になされた取材であり、ふたりの顔には好評だった上映の余韻が残っていた。

――監督は本作のほかに、「ヤスミンさん」(CROSSCUT ASIA#04「ネクスト!東南アジア」)も選出されましたね。

 エドモンド・ヨウ監督(以下、ヨウ監督): 2作品を上映いただいて光栄です。東京国際映画祭には学生時代に短編を2本出品しています。また3年前には「破裂するドリアンの河の記憶」(14)がコンペに選出されました。今回は「アケラット」が同じコンペ部門に選ばれて、この映画祭にひとかたならないご縁を感じています。参加するたびにわが家に帰ってきた気持ちになります。第30回ということでお祝いの気持ちもあり、昔なじみの友人に会ったり、新しい出逢いにも恵まれて、参加できてよかったです。

――前半は、ダフネさんが演じるフイリンの日常を追いかけてドキュメンタリー風に追いかけていきます。彼女の夢や孤独、マレーシア国境付近の町という舞台設定を提示していくのに、説明的にならず投げだすように映像を積み重ねていきます。

 ヨウ監督:セリフをなるべくそぎ落として、映像だけでわかってもらえるスタイルをいつも考えていますから。

――舞台設定の説明なんかでは影絵芝居の小屋で、マレー語とタイ語でローさんがお芝居するくらいでしたものね。ところであの小屋に、マレーシアのスターの写真がずらっと並んでいましたけど?

 ヨウ監督:P・ラムリーとかラティファ・オマーとか。実際にロケした影絵師の小屋に、あれらの写真が飾ってありました。写真を飾ることで、亡くなったスターの記録を残そうとしていたんですね。それに感動して撮影しましたが、ここでは伝統芸の継承者の不在を暗示しています。終盤に白黒の遺影が並んでいるショットがありますが、こちらは影絵師の方の自宅に飾ってあった祖先の写真を撮らせてもらいました。

――フイリンは留学資金を盗まれて、意識しないまま闇のビジネスに手を染めてしまいます。親切にバイクに乗せてくれた男性が、実は裏社会のボスであるという展開です。

ヨウ監督:善人そうに見える人が実はそうでもないというのは、往々にしてあることです。人はいろんな面を持っている。そこに怖さがあります。

――ロヒンギャ難民の悲劇を描くにあたって、ずっと雨が降り続けています。雨は何かの象徴でしょうか?

ヨウ監督:それについては、最初から意図したわけではありません。撮影の1週間前に「そろそろ雨季に入りそうだ」と天気予報が伝えて、「撮影中はずっと雨かもしれないけどまあいいか」と強行しました(笑)。でもフイリンの胸中を反映しているようで、かえって効果的でした。

――ダフネさんは雨が降るぬかるみで演技するのは、さぞ大変だったのでは?

ダフネ・ロー(以下、ロー):もうずっと寒くて、ビタミンCを摂取して、風邪を引かないように気をつけていました。あんな撮影は初めてです(笑)。

――難民の子どもをフイリンが絞め殺そうとして、抱きしめる場面がありますね。

ロー:フイリンはお金を盗まれてから感情を表に出さず、行くべき方向を見失っていました。ボスに殴られて、逃げた子どもたちの捜索に行きますが、まさか自分が殺しに手を染めると思っていません。だから、首を絞めている自分に驚いてしまうんです。首を絞めながらも難民の子ではなく、自分の首が絞められている思いになる。そこでハッと気づくんです。

――フイリンがかくまった子どもに飲み物を持っていくあたりから、映画は徐々に幻想的なトーンを強めていきます。子どもたちは森に消え、フイリンとウェイ(ハワード・ホン・カーホウ)の物語にシフトしていきます。

ヨウ監督:中盤部分はマレーシアの若者の心象を描いています。ひとりの男性の傍に女性がふたりいたらどちらを選択するのか。もっと言えば、ふたつの選択肢があるならどちらを選ぶのか。この部分はラブストーリーというよりも、選択の問題を扱っています。

ひとりの女の子が「一緒にシンガポールへ行かない?」とウェイを誘いますが、彼は顔に包帯を巻いた神秘的な女性(ダフネ・ローが演じている)に好意を寄せていて、国境の町に留まります。海外で暮らしたいマレーシア人は多いけど、冷静な判断ではなく、ささいなことを理由にしている場合が多い。そのことを指し示そうとしました。

ロー:顔に包帯を巻いて表情が出せないので、私は目と声だけでがんばりました(笑)。

――病院で読んでいる詩は?

ロー:実は私の詩なのです。私はマレーシア人ですが台北の事務所と契約していて、台北にいる時間が長いので、ずっとひとりで詩を書いていました。監督との打ち合わせでその話をしたら、ちょうどモノローグを入れたいシーンがあるんだと言われて、自分の詩を読むことにしました。

――ウェイを通じて、命からがら逃れてくるロヒンギャ難民と、軽々しく行き先を決めてしまうマレーシア人の対比を浮かびあがらせたあと、ウェイとフイリンの逃避行に話は向かいます。ここで行き場のないふたりを描く一方で、ボスが奥さんと子どもを連れて寺院でお祈りする場面が挿入されます。

ヨウ監督:人間というのはいろんな口実をもっているものです。このボスは悪いことしてお金を稼いでいるのに、寺に寄付しておけば生活はうまく回ると考えているんです。これは現実でもよく見受けられる出来事です。

――ローさんはずっと虐げられる役ですが、演じていてキツくなかったですか?

ロー:私はエドモンドの映画では、いつもいじめられ役なんですよ。『破裂するドリアンの河の記憶』でも殴られていましたから(笑)。ただ今回の作品を通して、底辺にいる人々は、日常的にこんないじめを受けているんじゃないかと感じました。たとえ肉体的ないじめはなくても、精神的に似たようないじめを受けている。演じていて、それを痛感しました。だからこの映画で、マレーシアの底辺にいる人々の声が少しでも伝わることを願っています。

(取材・構成 赤塚成人 四月社)

【特集】第30回東京国際映画祭特集(2017年)

第30回東京国際映画祭、グランプリは近未来SF「グレイン」! 邦画が3年ぶりに観客賞受賞

元米副大統領アル・ゴア氏、東京国際映画祭で旧友トミー・リー・ジョーンズと再会

石橋静河&松岡茉優、第30回東京国際映画祭の“ジェムストーン賞”に!

トミー・リー・ジョーンズ審査委員長の提案に永瀬正敏、ビッキー・チャオが感謝

映画.com

ページ更新日:11/12(日)

  • カカオトーク
  • エコロジーの取り組み
  • 第26回東京国際映画祭 アンケートにご協力ください!
  • 東京国際映画祭 チャリティーオークション
  • 続々決定!! 来場ゲスト情報!
  • キャプテン・フィリップス
  • 8Kスーパーハイビジョン・スペシャル・プレゼンテーション by TIFF×NHK
  • 都営に乗って六本木の東京国際映画祭に行こう!
  • CineGrid
  • Tokyo Creative Weeks 2013
  • 第10回文化庁映画週間
  • チェン・カイコー監督からのメッセージ
  • 東京国際映画祭×円谷プロ創立50周年
  • 第2回「新作映画イッキに見せます!」

キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社 日本コカ・コーラ株式会社 木下グループ フィールズ株式会社 ペルノ・リカール・ジャパン株式会社 大和証券グループ ソニー株式会社 株式会社KADOKAWA 東映株式会社 東宝株式会社 株式会社WOWOW 松竹株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 株式会社TASAKI 凸版印刷株式会社 ソニーPCL株式会社 森ビル株式会社 J-WAVE TOHOシネマズ株式会社 テレビ朝日 シダックス株式会社 株式会社フレームワークス LINE株式会社/ TOKYO MX 株式会社クララオンライン ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 一般社団法人映画演劇文化協会 日活株式会社 富士フイルム株式会社 株式会社GYAO 帝人株式会社 ヤフー株式会社 読売新聞 BEYOND: Two Souls アウディジャパン株式会社 CineGrid 株式会社Jストリーム MTV Networks Japan 株式会社

  • KEIRIN.JP
    本映画祭は、競輪の補助を受けて開催します。
  • 第25回東京国際映画祭
  • TIFF HISTORY