本年度審査委員

Juries

国際審査委員

コンペティション審査委員長

チェン・カイコー

Chen Kaige

映画監督

profile

1952年北京生まれ。北京電影学院を82年に卒業後、『黄色い大地』(84)で長編映画監督デビュー。最も著名な作品『さらば、わが愛/覇王別姫』(93)はアカデミー賞2部門にノミネートされ、カンヌ国際映画祭で最高賞(パルムドール)と国際映画批評家連盟賞を獲得。監督作品には、『始皇帝暗殺』(99)、『PROMISE プロミス』(05)、ベルリン国際映画祭金熊賞にノミネートされた『花の生涯〜梅蘭芳〜』(08)があり、さらに『花の影』(96)『北京ヴァイオリン』(02)『キリング・ミー・ソフトリー』(02)『それぞれのシネマ〜カンヌ国際映画祭60回記念製作映画〜』(07)『運命の子』(10)などがある。最新作は“Caught in the Web”(12)。これまでにカンヌ、ベルリン、ヴェネチアのほか、中国、日本、イタリアの名高い映画祭で審査委員を務めてきた。2006年、第28回モスクワ国際映画祭で特別功労賞を授与されている。

第26回東京国際映画祭へのメッセージ

本当に優れた映画というのは、いつの時代もほんの一握りに過ぎません。映画を産業として考える場合、求められるのは「優れた映画」ではなく「売れる映画」です。とはいえ、個性のある、人の心を打つ映画は、どんなことをしても世に出てきます。なぜなら人生とは、人を感動させるものだから。優れた映画に出会えることを期待し、私は今回、審査委員長を務めます。優れた映画を見逃すことなく賞を授与し、若い映画人たちには、さらに良い作品を撮るよう励ましていきたいと思います。
⇒チェン・カイコー監督からのメッセージ

コンペティション審査委員

ムン・ソリ

Moon So-ri

女優

profile

1974年韓国生まれ。舞台女優としてキャリアをスタートさせた後、2000年、イ・チャンドン監督『ペパーミント・キャンディー』に主演。2作目『オアシス』(02)もイ・チャンドン監督によるもので、脳性麻痺を抱えた女性を演じた。この演技により自身初の大きな賞となる、ヴェネチア国際映画祭新人俳優賞(マルチェロ・マストロヤンニ賞)受賞の栄誉に輝く。その見事な演技は世界中のファンと批評家の関心を集めた。
その後、イム・サンス監督の『浮気な家族』(03)でホジョンを演じ、第14回ストックホルム映画祭で最優秀女優賞を獲得。これまでに『大統領の理髪師』(04)『愛してるマルスンさん』(05)『チ・ジニ×ムン・ソリ 女教授』(06)『私たちの生涯最高の瞬間』(08)『Sa-kwa(りんご)』(08)などの作品でさまざまな役柄に挑戦し続けている。さらにホン・サンス監督作品では、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ受賞作『ハハハ』(10)や昨年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作『3人のアンヌ』(12)に出演している。最新作“The Spy”は9月に公開が予定されている。

第26回東京国際映画祭へのメッセージ

審査委員の経験はこれまで何度かありますが、審査をするのはいつも、かなり困惑することでした。それぞれ異なる映画が競い合うのも、それぞれ異なる俳優が優劣をつけ合うのも不可能だと思います。そのため、どの映画に、より敬意を表することができるかについて悩む時間は毎回、とても苦しいものでした。
それにもかかわらず、この度、光栄にも東京国際映画祭の審査委員のご提案をいただき、お引き受けした理由は、審査委員として見てきた映画がいずれも新鮮な刺激となり、貴重な勉強になったからです。今回の東京での経験も、強烈な映画や驚くべき演技に魅了されることを期待しています。

クリス・ブラウン

Chris Brown

プロデューサー

profile

1983年からインディペンデント映画の製作に関わる。イギリス出身、現在、オーストラリア国籍。オーストラリア、イギリス、ロサンゼルス、ニューヨークで活躍。手掛けた作品は、『狼の血族』(84)、ゴールデン・グローブ賞受賞、アカデミー賞にもノミネートされた『モナリザ』(86)、デヴィッド・ボウイ、シャーデー、レイ・デイヴィス出演『ビギナーズ』(86)、ガイ・ピアース、ダニー・ヒューストン、ジョン・ハート、エミリー・ワトソン出演、ヴェネチア国際映画祭グッチ賞、オーストラリアのIF最優秀映画賞を受賞した『プロポジション −血の誓約−』(05)など。2008年、イーサン・ホーク、ウィレム・デフォー、サム・ニール出演の『デイブレイカー』を製作。ライオンズ・ゲート・フィルム配給により全米2,700スクリーンで公開され、全世界で6,000万ドルの興行収入を記録。11年、オーストラリア初の3Dアクション映画『パニック・マーケット3D』を製作総指揮。オーストラリア・シンガポール初合作映画であり、中国で歴代外国映画第15位の初日興行成績を記録。最新作は、コリン・ファース、ニコール・キッドマン、ステラン・スカルスガルド、ジェレミー・アーヴァイン、真田広之出演、ジョナサン・テプリツキー監督『レイルウェイ 運命の旅路』。04年、オーストラリア・スクリーン・プロデューサーズ協会からインディペンデント・プロデューサー・オブ・ザ・イヤーを授与された。現在、エド・プレスマンと共に、アクション映画『ブラッド・スポーツ』(87)の再映像化に取り組んでいる。監督は『Vフォー・ヴェンデッタ』(05)のジェームズ・マクティーグ。オーストラリアとブラジルで撮影し世界各国で配給される予定である。

第26回東京国際映画祭へのメッセージ

東京国際映画祭の審査委員に選ばれ、大変光栄に思っています。この映画祭は1985年に始まり、いまやアジアを代表する映画祭のひとつです。私はここで「アジアの未来」部門の作品を見ること、そしてその地域から生まれた新しい才能に出会うことを期待しています。そして、上映後に行う他の審査委員の方々との刺激的で建設的なディスカッションも非常に楽しみです。若い頃から、新藤兼人監督『鬼婆』(64)や、黒澤明、大島渚、北野武監督作品など、日本映画の熱心なファンだったので、今回は特にうれしいのです。
私はプロデューサーとして日本映画界と長く関わってきました。東京に戻ることは、いつも私の喜びです。東京はエネルギッシュで創造性にあふれ、上品さも兼ね備えた街です。今回、いつもにも増して嬉しく思っているのは、私の最新作であるコリン・ファース、ニコール・キッドマン、ジェレミー・アーヴァインらが出演する『レイルウェイ 運命の旅路』(ジョナサン・テプリツキー監督)が映画祭で上映されることです。この作品には日本の名優である真田広之も出演しています。

クリス・ワイツ

Chris Weitz

映画監督 / 脚本家 / プロデューサー

profile

1969年ニューヨーク生まれ。ロンドンのセント・ポールズ・スクールとケンブリッジ大学で学ぶ。98年、兄のポールと共に『アンツ』の脚本を手掛ける。ふたりは『アメリカン・パイ』(98)『天国からきたチャンピオン2002』(01)、ヒュー・グラント主演の『アバウト・ア・ボーイ』(02)を共同で手掛け、『アバウト・ア・ボーイ』ではアカデミー賞最優秀脚色賞にノミネートされる。2007年、フィリップ・プルマン原作、ニコール・キッドマン主演のアカデミー賞受賞作『ライラの冒険 黄金の羅針盤』の脚本と監督を手掛ける。その後、『ニュームーン/トワイライト・サーガ』(09)、デミアン・ビチルにアカデミー賞最優秀男優賞ノミネートをもたらした『明日を継ぐために』(TIFF11出品)を監督。小説「The Young World(ザ・ヤング・ワールド)」は、リトル・ブラウンから、来年、出版される予定である。

第26回東京国際映画祭へのメッセージ

映画作りは、いばらの道です。映画は金も時間も情熱も食べ尽くすからです。すべての映画が注目され、愛されることが理想ですが、もちろんそれは不可能です。しかし、東京国際映画祭のような場では、少数の作品をさまざまな判断や意見を踏まえ、見ることができます。今回、審査委員に選ばれたこと、そして文化と映画の歴史を有する街・東京に滞在できることを、とても感謝しています。

寺島しのぶ

Shinobu Terajima

女優

profile

1972年12月28日京都市生まれ。父に歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子、弟は歌舞伎役者の五代目尾上菊之助という、演劇・俳優一家に生を受ける。92年に文学座に入団。文学座退団後も舞台・テレビドラマで活躍。
荒戸源次郎監督作『赤目四十八瀧心中未遂』(03)、廣木隆一監督作『ヴァイブレータ』(03) での演技で、第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、日本国内外で10以上の映画賞を受賞した。若松孝二監督作『キャタピラー』(10)で、日本人として35年ぶりにベルリン国際映画祭・最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。
主な出演作に廣木隆一監督作『やわらかい生活』(06)、チャン・イーモウ監督作『単騎千里を走る』(06)、鶴橋康夫監督作『愛の流刑地』(07)、本木克英監督作『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』(08)、矢口史靖監督作『ハッピーフライト』(08)、荒戸源次郎監督作『人間失格』(10)、若松孝二監督作『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』(12)、御法川修監督作『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』(13)、若松孝二監督作『千年の愉楽』(13)、小林政広監督作『日本の悲劇』(13)など。10月5日に松本人志監督作『R100』の公開を控えている。

第26回東京国際映画祭へのメッセージ

東京国際映画祭の審査委員を務めさせていただくにあたり、世界から集まった優秀な作品に出会えることを一映画ファンとしてとても楽しみにしております。この映画祭のさらなる発展を祈り、少しでも自分が力になれればと思っております。

アジアの未来 審査委員

青山真治

Shinji Aoyama

映画作家

profile

『Helpless』(96)で長編映画デビュー。『EUREKA』(00)がカンヌ国際映画祭にて国際批評家連盟賞とエキュメニック賞をW受賞。以降もベルリン、ヴェネチアなど数々の国際映画祭にて作品が上映され、近年では『東京公園』がロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)審査員特別賞を受賞し、最新作『共喰い』も、同映画祭でYouth Jury Award最優秀作品賞・ボッカリーノ賞最優秀監督賞をW受賞している。

ジェイコブ・ウォン

Jacob Wong

香港国際映画祭キュレーター

profile

香港国際映画祭キュレーター、香港アジア・フィルム・ファイナンシング・フォーラムディレクター。同フォーラムはブリランテ・メンドーサ、パク・チャヌク、ツァイ・ミンリャン、是枝裕和らの企画を支援してきた。また、ベルリン国際映画祭のアジア作品も担当している。

野島孝一

Koichi Nojima

映画ジャーナリスト

profile

1964年3月上智大学新聞学科卒業。同年4月毎日新聞社入社。岡山支局、京都支局を経て東京本社社会部学芸部編集委員。2001年定年退社。日本映画批評家大賞代表委員。

日本映画スプラッシュ 審査委員

パオロ・ベルトリン

Paolo Bertolin

ドーハ映画協会 アジア・オセアニア地区作品担当

profile

1976年生まれ。映画祭プログラマー。現在、ドーハ映画協会のアドバイザーおよびヴェネチア国際映画祭のアジア作品担当を務める。また、カンヌ国際映画祭の批評家週間、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭、ウディネ・ファー・イースト映画祭などでも活躍している。

クリスチャン・ジュンヌ

Christian Jeune

カンヌ映画祭代表補佐

profile

カンヌ映画祭オフィシャルセレクションのディレクター、代表補佐。20年以上、カンヌと共に歩む。今までに審査員を務めた映画祭は、シネマニラ国際映画祭、釜山国際映画祭、ドバイ国際映画祭、バンコク国際映画祭、ムンバイ映画祭、香港国際映画祭など多数。

瀬々敬久

Takahisa Zeze

映画監督

profile

1960年生まれ。京都大学在学中『ギャングよ 向こうは晴れているか』を自主製作、『課外授業 暴行』(89)で商業映画デビュー。『ヘヴンズ ストーリー』(10)が、ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞および最優秀アジア映画賞、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するなど国内外で評価が高い。近年の監督作品に『愛するとき、愛されるとき』(10)『アントキノイノチ』(11)など。

  • エコロジーの取り組み
  • 第26回東京国際映画祭 アンケートにご協力ください!
  • 東京国際映画祭 チャリティーオークション
  • 続々決定!! 来場ゲスト情報!
  • キャプテン・フィリップス
  • 8Kスーパーハイビジョン・スペシャル・プレゼンテーション by TIFF×NHK
  • 都営に乗って六本木の東京国際映画祭に行こう!
  • CineGrid
  • Tokyo Creative Weeks 2013
  • 第10回文化庁映画週間
  • チェン・カイコー監督からのメッセージ
  • 東京国際映画祭×円谷プロ創立50周年
  • 第2回「新作映画イッキに見せます!」

キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社 日本コカ・コーラ株式会社 木下グループ フィールズ株式会社 ペルノ・リカール・ジャパン株式会社 大和証券グループ ソニー株式会社 株式会社KADOKAWA 東映株式会社 東宝株式会社 株式会社WOWOW 松竹株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 株式会社TASAKI 凸版印刷株式会社 ソニーPCL株式会社 森ビル株式会社 J-WAVE TOHOシネマズ株式会社 テレビ朝日 シダックス株式会社 株式会社フレームワークス LINE株式会社/ TOKYO MX 株式会社クララオンライン ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 一般社団法人映画演劇文化協会 日活株式会社 富士フイルム株式会社 株式会社GYAO 帝人株式会社 ヤフー株式会社 読売新聞 BEYOND: Two Souls アウディジャパン株式会社 CineGrid 株式会社Jストリーム MTV Networks Japan 株式会社

  • KEIRIN.JP
    本映画祭は、競輪の補助を受けて開催します。
  • 第25回東京国際映画祭
  • TIFF HISTORY