「日本映画スプラッシュ」部門規約

Japanese Splash

序文

東京国際映画祭の公式部門のひとつ「日本映画スプラッシュ」は、日本のインディペンデント映画を積極的に紹介し、海外進出を応援 していきます。前身部門である「日本映画スプラッシュ」で過去に作品賞を受賞した『ライブテープ』(松江哲明監督)、『歓待』(深田晃司監督)、『ももいろそらを』(小林啓一監督)、『タリウム少女の毒殺日記』(土屋豊監督)は、いずれも世界に広く旅立っています。この流れをさらに強化すべく、海外にジャンプする勢いのある部門名を新たに掲げ、日本映画の期待の才能を海外へ広く発信していきます。

「日本映画スプラッシュ」へ参加することにより、多くの観客に作品を見てもらうこと以外に、以下のようなメリットが期待できます。

(1)
英語字幕製作費一部負担
―英語字幕製作費の一部として上限30万円を映画祭が負担致します。
(注1)本部門に限ります。 (注2)短編・中編の場合は金額を調整する場合があります。
(2)
ネットワーキング
―海外の映画祭プログラマー、バイヤー、日本の映画関係者などとの出会いの場を、映画祭事務局スタッフが提供致します。

【参考】前身部門である「日本映画スプラッシュ」作品賞受賞作品のその後の展開

○『ライブテープ』:
ニューヨーク・アジアン・フィルム・フェスティバル、ニッポン・コネクション(ドイツ)「ニッポンデジタルアワード」受賞、等
○『歓待』:
ロッテルダム映画祭、香港映画祭、上海映画祭、ワルシャワ映画祭、北京映画祭他、 30以上の国際映画祭から招待
○『ももいろそらを』:
サンダンス映画祭コンペティション部門、ロッテルダム映画祭、等
○『タリウム少女の毒殺日記』:
ロッテルダム映画祭、台北映画祭、等

「日本映画スプラッシュ」部門 応募要項(「コンペティション」部門と一部異なります)

<応募資格>

・日本映画であること(共同製作を含みます)
・ワールドプレミアであること
・監督の年齢やキャリアの制限はありません
・短編やドキュメンタリーも対象とします

(注)「コンペティション」部門はドキュメンタリーと短編を対象としませんが、「スプラッシュ」部門は対象とします。

<応募方法>

映画祭の公式HP上の、「コンペティション作品エントリー」をそのままご利用ください

(注1)
当エントリーサイトは「コンペティション」部門への応募用ですが、日本映画であれば、「コンペティション」と「日本映画スプラッシュ」、そして「アジアの未来」のそれぞれの部門にて検討致します。
(注2)
ドキュメンタリー作品の場合、フォーム内の備考欄に「ドキュメンタリー」とご記入ください。

<応募締切>

エントリー締切:2013年7月12日

(注)エントリーの締切は上記の通りですが、作品の完成が7月12日以降になる場合は別途ご相談ください。

<選考結果>

9月の中旬までに結果をお知らせいたします。

<賞について>

・3名の審査員(後日発表)による審査を経て、作品賞を1作品決定します
・副賞100万円

  • エコロジーの取り組み
  • 第26回東京国際映画祭 アンケートにご協力ください!
  • 東京国際映画祭 チャリティーオークション
  • 続々決定!! 来場ゲスト情報!
  • キャプテン・フィリップス
  • 8Kスーパーハイビジョン・スペシャル・プレゼンテーション by TIFF×NHK
  • 都営に乗って六本木の東京国際映画祭に行こう!
  • CineGrid
  • Tokyo Creative Weeks 2013
  • 第10回文化庁映画週間
  • チェン・カイコー監督からのメッセージ
  • 東京国際映画祭×円谷プロ創立50周年
  • 第2回「新作映画イッキに見せます!」

キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社 日本コカ・コーラ株式会社 木下グループ フィールズ株式会社 ペルノ・リカール・ジャパン株式会社 大和証券グループ ソニー株式会社 株式会社KADOKAWA 東映株式会社 東宝株式会社 株式会社WOWOW 松竹株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 株式会社TASAKI 凸版印刷株式会社 ソニーPCL株式会社 森ビル株式会社 J-WAVE TOHOシネマズ株式会社 テレビ朝日 シダックス株式会社 株式会社フレームワークス LINE株式会社/ TOKYO MX 株式会社クララオンライン ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 一般社団法人映画演劇文化協会 日活株式会社 富士フイルム株式会社 株式会社GYAO 帝人株式会社 ヤフー株式会社 読売新聞 BEYOND: Two Souls アウディジャパン株式会社 CineGrid 株式会社Jストリーム MTV Networks Japan 株式会社

  • KEIRIN.JP
    本映画祭は、競輪の補助を受けて開催します。
  • 第25回東京国際映画祭
  • TIFF HISTORY