上映作品

ワールド・フォーカス

マリー・イズ・ハッピー

Mary is Happy, Mary is Happy

監督:ナワポン・タムロンラタナリット

  • 青春

10/19 14:55- 10/21 17:15-

©Pop Pictures Co. Ltd.
125分 タイ語 Color | 2013年 タイ | 

作品解説
卒業間際の女子高校生たちの学園生活と愛と友情を等身大に描く、ガーリーな新感覚タイ映画。410通のツイートが画面にあふれ、ストーリーを進めていく、21世紀のニューメディア混合ムービー。

高校の卒業を控えたマリー。日々の学園生活に恋に友情、すべての面に新しい事態が起こり…。女子高生のとりとめのないお喋りと、とりわけ矢継ぎ早に画面に現れる400通を超えるツイッターの短文が映画を進行させていく、ガーリーなタイ映画にして21世紀のニューメディア混合ムービー。まさしく「現代アジアのティーンエイジャーのファンタジー・ワールド」(公式HP)である。ナワポン・タムロンラタナリット監督は弱冠29歳で、脚本家の顔も持つ。製作のポップ・ピクチャーズはタイ映画界の新進勢力で、本作のプロデューサーのアーティット・アッサラット(『ワンダフル・タウン』『ハイソ』監督)が代表を務め、新感覚で作家性の強い作品を手掛けている。

  • マリー・イズ・ハッピー
  • マリー・イズ・ハッピー
スケジュール/チケット作品情報関連ニュース記事
監督

ナワポン・タムロンラタナリット

1984年生まれ。大学時代に独学で短編映画を制作。長編映画“36”は2012年釜山国際映画祭・ニューカレント賞を獲得した。脚本家としても活躍し、09年、タイで大ヒットを記録した“Bangkok Traffic Love Story”などを手掛ける。現代若者のサブカルチャーに関する著作もある。

スタッフ

監督/脚本:ナワポン・タムロンラタナリット
プロデューサー:アーティット・アッサラット
アソシエイト・プロデューサー:パッチャリン・スラワッタナーポーン
撮影監督:パイラット・クムワン
美術:ラーシケート・スックカーン
衣装:ピーム・ウマーリー
編集:チョンラシット・ウッパニックキット
作曲:ソームシリ・セーンケーオ

キャスト

パッチャヤー・プーンピリヤ
チョンニカーン・ネートジュイ

関連サイト

  • エコロジーの取り組み
  • 第26回東京国際映画祭 アンケートにご協力ください!
  • 東京国際映画祭 チャリティーオークション
  • 続々決定!! 来場ゲスト情報!
  • キャプテン・フィリップス
  • 8Kスーパーハイビジョン・スペシャル・プレゼンテーション by TIFF×NHK
  • 都営に乗って六本木の東京国際映画祭に行こう!
  • CineGrid
  • Tokyo Creative Weeks 2013
  • 第10回文化庁映画週間
  • チェン・カイコー監督からのメッセージ
  • 東京国際映画祭×円谷プロ創立50周年
  • 第2回「新作映画イッキに見せます!」

キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社 日本コカ・コーラ株式会社 木下グループ フィールズ株式会社 ペルノ・リカール・ジャパン株式会社 大和証券グループ ソニー株式会社 株式会社KADOKAWA 東映株式会社 東宝株式会社 株式会社WOWOW 松竹株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 株式会社TASAKI 凸版印刷株式会社 ソニーPCL株式会社 森ビル株式会社 J-WAVE TOHOシネマズ株式会社 テレビ朝日 シダックス株式会社 株式会社フレームワークス LINE株式会社/ TOKYO MX 株式会社クララオンライン ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 一般社団法人映画演劇文化協会 日活株式会社 富士フイルム株式会社 株式会社GYAO 帝人株式会社 ヤフー株式会社 読売新聞 BEYOND: Two Souls アウディジャパン株式会社 CineGrid 株式会社Jストリーム MTV Networks Japan 株式会社

  • KEIRIN.JP
    本映画祭は、競輪の補助を受けて開催します。
  • 第25回東京国際映画祭
  • TIFF HISTORY