上映作品

アジアの未来
オープニング作品

リゴル・モルティス/死後硬直

Rigor Mortis [ 殭屍 ]

監督:ジュノ・マック

  • サスペンス
  • ホラー
  • アジアン・プレミア

10/17 12:50- 10/18 20:00- 10/19 14:20-

© 2013 Kudos Films Limited. All Right Reserved.
101分 広東語 Color | 2013年 香港 | 

作品解説
香港の歌手・俳優のジュノ・マックが初監督し、清水崇(『呪怨』)がプロデュース、1980年代のキョンシー映画にオマージュを捧げた話題のホラー作品。薄明の画面の美しさがあなたを恐怖の奈落へと導く。

俳優として落ちぶれ、家族からも見放された男が、化けものが出ると噂される集合住宅に入居。噂どおり様々な異形の者たちが現れ、パニック状態となるが…。香港の人気歌手で、俳優としても『ドリーム・ホーム』などに出演しているジュノ・マックの初監督作品。清水崇(『呪怨』監督)がプロデューサーを務めているのも話題のひとつ。原題の「殭屍(キョンシー)」が示すとおり、1980年代のキョンシー映画へのオマージュに満ち、チン・シウホウ(錢小豪)をはじめ「霊幻道士」シリーズゆかりの俳優も出演しているが、往年のコミカルなキョンシーものとは趣を異にした、シリアスなホラーとなっている。塵芥が浮遊する薄明の画面の美しさが印象に残る。

監督メッセージ
本作はオリジナルのキャストを再結集し、昔なつかしの“キョンシー”映画を想像力溢れる現代バージョンにして蘇らせました。“悪夢の詩”のようなものであり、またカルトへの心からのオマージュでもあります。現代の住宅街を舞台に、「霊幻道士」シリーズで最後まで生き残った主人公、チン・シュウホウを中心にストーリーは展開します。コメディ的な要素を排除し、究極のサスペンス、スリル、アクション、バイオレンスを追求しました。

  • リゴル・モルティス/死後硬直
  • リゴル・モルティス/死後硬直
スケジュール/チケット作品情報関連ニュース記事
監督

ジュノ・マック

2002年にエンタテインメント業界に入って以降、ポップ・シンガー、ファッション・アンバサダー、映画俳優、脚本家、監督、そしてプロデューサーとして、様々な分野で活躍してきた。本作は芸能生活10周年を記念し、お気に入りの映画テーマである中国の吸血鬼を復活させた。

スタッフ

監督/脚本:ジュノ・マック
プロデューサー:清水崇
脚本:フィリップ・ユン
脚本:ジル・リョン
製作総指揮:スティーブン・ロー
製作総指揮:バーナード・ライ
撮影監督:ン・カイミン
編集:デヴィッド・リチャードソン

キャスト

チン・シウホウ(錢小豪)
クララ・ワイ(惠英紅)
パウ・ヘイチン(鮑起靜)
アンソニー・チャン(陳友)
ロー・ホイパン(盧海鵬)
リチャード・ン(吳耀漢)
チョン・ファ(鍾發)

関連サイト

作品公式サイト(海外サイト)

  • エコロジーの取り組み
  • 第26回東京国際映画祭 アンケートにご協力ください!
  • 東京国際映画祭 チャリティーオークション
  • 続々決定!! 来場ゲスト情報!
  • キャプテン・フィリップス
  • 8Kスーパーハイビジョン・スペシャル・プレゼンテーション by TIFF×NHK
  • 都営に乗って六本木の東京国際映画祭に行こう!
  • CineGrid
  • Tokyo Creative Weeks 2013
  • 第10回文化庁映画週間
  • チェン・カイコー監督からのメッセージ
  • 東京国際映画祭×円谷プロ創立50周年
  • 第2回「新作映画イッキに見せます!」

キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社 日本コカ・コーラ株式会社 木下グループ フィールズ株式会社 ペルノ・リカール・ジャパン株式会社 大和証券グループ ソニー株式会社 株式会社KADOKAWA 東映株式会社 東宝株式会社 株式会社WOWOW 松竹株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 株式会社TASAKI 凸版印刷株式会社 ソニーPCL株式会社 森ビル株式会社 J-WAVE TOHOシネマズ株式会社 テレビ朝日 シダックス株式会社 株式会社フレームワークス LINE株式会社/ TOKYO MX 株式会社クララオンライン ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 一般社団法人映画演劇文化協会 日活株式会社 富士フイルム株式会社 株式会社GYAO 帝人株式会社 ヤフー株式会社 読売新聞 BEYOND: Two Souls アウディジャパン株式会社 CineGrid 株式会社Jストリーム MTV Networks Japan 株式会社

  • KEIRIN.JP
    本映画祭は、競輪の補助を受けて開催します。
  • 第25回東京国際映画祭
  • TIFF HISTORY