• Home
  • 映画祭の楽しみ方

映画祭の楽しみ方

How to enjoy 26th TIFF

初心者からシネフィルまで、小さなお子さんから大人まで
全ての映画ファンが楽しめる東京国際映画祭!

東京国際映画祭は、世界中から、制作者、バイヤー、ジャーナリストが集うアジア最大級の映画の祭典です。堅苦しさは全くなく、映画が好きな方ならどなたでも参加できます。
初めての方にも映画祭を120%楽しんでいただけるよう、ポイントをご紹介します!

楽しみ方01    グリーンカーペットでスターに接近!

東京国際映画祭のオープニングを飾るのは世間でよく目にするレッドカーペットではなく、鮮やかなグリーンのカーペット。グリーンカーペットは、再生素材からできており、「エコロジー」の象徴として今年も敷設します。
ドレスアップした女優や男優、監督らがグリーンカーペットを歩きます。
今年はどんなゲストが華やかなセレモニーに彩りを加えてくれるのでしょうか。
気になるゲストは当日までのお楽しみです。

運がよければゲストとの交流もできるかも

Information

オープニングイベント グリーンカーペット
10/17(木) 16:00〜(予定)
場所:六本木ヒルズ アリーナ周辺

※雨天の場合は中止になることもございます。その際は、公式サイトにてお知らせいたします。

楽しみ方02    映画人の生の声にふれよう!

東京国際映画祭では午前中から深夜まで、世界中から集められた多くの映画が上映されます。映画祭の醍醐味のひとつは、多くの作品の俳優や監督らがゲストとして劇場を訪れ、映画ファンとの交流が行われること。
Q&Aでは、今見たばかりの映画について、制作者に直接質問を投げかけることもできます。
監督や俳優の皆さんもこの時間を楽しみにしています。
感想や、不思議に思ったことなど、思い切って投げかけてみてください。

楽しみ方03    世界中の秀作に出会えるチャンス!

映画祭の主役は、なんと言ってもひとつひとつの映画です。
世界中から集められた作品が、プログラミング・ディレクターの手により各部門ごとに選出されます。
今年のコンペティション部門には、93の国と地域から、昨年を131本も上回る1,463本のエントリーがありました。
この中から、プログラミング・ディレクターが選出した15本 がコンペティション部門として上映されます。作品を見ては討論し、絞り込まれた15作品は、完成度や話題性はもちろん、テーマや制作地域のバランスなど も考慮されています。
コンペティション部門に限らず、優れた作品が集まり、それぞれの部門に分けられ上映される東京国際映画祭。通常のロードショー作品とは一味違った、新鮮な映画体験をもたらしてくれるはず。
また、ワールド・プレミア、インターナショナル・プレミア、アジアン・プレミアの作品も多数上映されます。いち早く新作映画を鑑賞できるのも、東京国際映画祭の特徴のひとつ。
皆さんとの出会いを、たくさんの映画が待っています。映画との新しい出会いを、見つけに来てください!

楽しみ方04    いざ、映画祭へ!

昨年同様、第26回東京国際映画祭では、ticket board(チケットボード)のチケット購入システムを導入!手数料もかかりません!(一部除く)
PCから、携帯電話から、スマートフォンから、お電話からチケット購入が可能です。映画祭のチケット購入は、作品詳細ページにあるチケットボードで購入をクリックして、チケットボード(tickebo.jp/1310-tiff/)にアクセスしてください。チケットに関する詳細は“チケット購入方法”をご覧ください。
作品選びのコツは、予告編や写真を見たときの直感を信じること。きっと、その先には新鮮な感動が待っているはず。

楽しみ方05    SNSで東京国際映画祭をもっと知ろう!

東京国際映画祭Facebook 映画祭のレポートはもちろん、小さいけれど大事なお仕事、スタッフが見つけたちょっとしたお楽しみなど、いろいろな角度から東京国際映画祭をお届けします。舞台挨拶レポートや監督へのインタビューなど、お気に入りの記事はぜひ「いいね!」やリツイートをしてください!
Twitterでのハッシュタグは#東京国際映画祭、もしくは#TIFFJP。来場者のみなさんとのコミュニケーションツールとしてもご活用ください!

Facebook:www.facebook.com/tifftokyo.net
Twitter:@tiff_site
LINE ID:@tiff

楽しみ方06    学生ならではの楽しみ方もあります!

学生応援団公式ホームページ 一昨年、昨年と大変好評だった当日券学生500円を引き続き行います!
今年も学生応援団のメンバーが映画祭のさまざまなイベントに参加、その模様を学生応援団公式サイトなどにて発信します。会期中には、学生応援団と文化通信のコラボ企画『映像業界就職セミナー&交流会 in TIFFCOM 2013』(10/24)や、国内の3つの学生映画祭グランプリ作品が集結する『第3回日本学生映画祭』(10/25)も開催予定。
学生関連のイベントは昨年以上に盛りだくさんです!

学生応援団公式ホームページ:tiffgakusei.com

楽しみ方07    今年もやります、チャリティーオークション!

ヤフオク!にて、TIFF上映作品の使用された小道具やオリジナルグッズ等を出品します。有名俳優のサイン入りグッズを手に入れるチャンス!
10/14(月)11:00スタート!(10/27 23:00台に終了予定)出品内容は随時追加される可能性があります。オークションの売上金額は、全額「木下の森」「緑の東京募金」「シネマエール東北」に寄付いたします。
普段は手にすることができないような一品があるかもしれません。多くのみなさまのご参加をお待ちしています!

チャリティーオークション:ヤフオク!内特集ページ
PCページ
スマホページ

  • エコロジーの取り組み
  • 第26回東京国際映画祭 アンケートにご協力ください!
  • 東京国際映画祭 チャリティーオークション
  • 続々決定!! 来場ゲスト情報!
  • キャプテン・フィリップス
  • 8Kスーパーハイビジョン・スペシャル・プレゼンテーション by TIFF×NHK
  • 都営に乗って六本木の東京国際映画祭に行こう!
  • CineGrid
  • Tokyo Creative Weeks 2013
  • 第10回文化庁映画週間
  • チェン・カイコー監督からのメッセージ
  • 東京国際映画祭×円谷プロ創立50周年
  • 第2回「新作映画イッキに見せます!」

キヤノン株式会社/キヤノンマーケティングジャパン株式会社 日本コカ・コーラ株式会社 木下グループ フィールズ株式会社 ペルノ・リカール・ジャパン株式会社 大和証券グループ ソニー株式会社 株式会社KADOKAWA 東映株式会社 東宝株式会社 株式会社WOWOW 松竹株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 株式会社TASAKI 凸版印刷株式会社 ソニーPCL株式会社 森ビル株式会社 J-WAVE TOHOシネマズ株式会社 テレビ朝日 シダックス株式会社 株式会社フレームワークス LINE株式会社/ TOKYO MX 株式会社クララオンライン ゲッティ イメージズ ジャパン株式会社 一般社団法人映画演劇文化協会 日活株式会社 富士フイルム株式会社 株式会社GYAO 帝人株式会社 ヤフー株式会社 読売新聞 BEYOND: Two Souls アウディジャパン株式会社 CineGrid 株式会社Jストリーム MTV Networks Japan 株式会社

  • KEIRIN.JP
    本映画祭は、競輪の補助を受けて開催します。
  • 第25回東京国際映画祭
  • TIFF HISTORY